西東京市歯科・ナチュラル歯科クリニック・インプラント

西東京市歯科・一般歯科・審美歯科・予防歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科・インプラント
各種保険取扱い・急患随時受付・西東京市歯医者さん・西東京市歯科医院

HOME > インプラント症例・西東京市歯科・ナチュラル歯科クリニック

インプラント

インプラントは、元来の入れ歯やブリッジに変わる、第三の歯といわれる、新しい治療方法です。
kurihara2.jpg奥歯がなくブリッジはできません。kurihara3.jpg左上大臼歯部欠損
当医院では信頼のインプラテックスのスクリュ-ベントインプラントを採用しております。欠損した歯を再生させるには、元来の入れ歯・ブリッジに加えて、インプラントという方法がございます。どれにおいても、メリット・デメリットがあり、インプラントは入れ歯のように取り外しの煩わしさや装着時の違和感、またブリッジのように何でもない両隣在歯を削るような生体偽害性がない優れた治療法であります。
左写真のような奥歯がなくブリッジのできない。また入れ歯は使ったけど入れられないケ-スに最適な治療方といえます。.

DSCF0438.JPGインプラント埋入DSCF0445.JPGセラミック冠装着欠損部には2本のインプラントを埋入。骨とインプラント体が生着(上顎では約6ヶ月・下顎では3ヶ月程度待ちます)したのち土台をたてて、セラミック冠をかぶせます。このようにインプラントは、取り外しの煩わしさがなく、ご自分の歯の感覚で、ものを食べることができます。

kurihara3.jpg治療前DSCF0448.JPG治療後
見事に、咬合回復しました。インプラントは天然歯と同じようにメンテナンスしていくことが必要です。インプラントに汚れが付着しっぱなしにしておくと。骨がなくなり、天然歯と同様に抜け落ちてしまいます。
そうならないよう、3ヶ月に一回は、必ず歯科医院でチエックしていきます。

インプラント 埋入(一次OPE)
インプラント 土台装着(二次OPE)
セラミック冠 
300000円
その他、仮歯2100円/本 印象代3100円/本


インプラント症例2 52歳女性

65歳女性です。上顎の両側臼歯部が欠損。義歯も使えないということで来院いたしました。
kuroki.jpg正面観です。kuroki (1).jpg上顎両側臼歯部欠損です
上顎の両方の臼歯に入れ歯をいれておりましたが、金属の針金による審美的な障害と、なんと言っても違和感がぬぐえず、使用していないということで、インプラントの選択となりました。.

kuroki (13).JPG左上に続き右上もインプラント治療をします。kuroki (15).jpgレントゲン写真です。左右に3本ずつ、計6本のインプラント埋入をいたしました。およそ、一歯一本を目安にインプラントを植立いたします。(治療計画のもと、骨の状態にもよります)

kuroki (19).jpg治療後・咬合面観kuroki (16).jpg治療後・正面観
見事に、機能回復をはかることができました。


インプラント症例3 65歳女性

65歳女性です。下顎の両側臼歯部が一部欠損。
yamaguchi52.jpg下顎左下の一歯欠損です。yamaguchi55.jpgステントによる、埋入計画
インプラントの埋入は、あらかじめステントとよばれる装置を装着して、埋入本数や方向を決めていきます。もちろん、骨の状態や、費用的なものも含めて、相談の上で、治療計画をたてていきます。.

yamaguchi9.jpg完全滅菌されたバイヤルyamaguchi23.jpg埋入後インプラントは完全滅菌されたバイヤルに封じこめられており、治療も完全滅菌下で行われます。

yamaguchi6.jpgレントゲン写真です。yamaguchi39.jpg両方の欠損部の補綴治療完了
左が埋入後のレントゲン写真です。ステントどおりの位置に納まっております。右が咬合回復後です。


インプラント症例4 26歳女性

26歳女性で、前歯の破折による、差し歯のダツリで来院されました。
ご本人は、ブリッジによる燐在歯の削合はどうしても避けたいとのことで、インプラントの選択となりました。
sawa (14).JPG即時埋入しました。sawa (1).JPG根の破折がみられます。
抜歯すると、どうしても起こるのが骨の退縮です。インプラントは骨に維持するため、できるだけそれは避けたいものです。
そこで、歯を抜いたその日にインプラントを埋入することもございます。特に前歯部の骨の減退は著しいので、この策がとられることも多いのです。今回は、抜歯と同時にインプラントを一本埋入しました。.

sawa (20).JPGレントゲン写真です。sawa (26).jpg正面観です。左はインプラント埋入後のレントゲン像です。維持をとるため、長めのインプラント体の選択となりました。右は最終補綴後です。みごと審美的・機能的回復となりました。